依頼主も忘れてはいけない引越し業者への心配り

引越し業者が決まったら、前日までにほぼすべての荷造りを済ませておくことが大前提ですが、業者のスタッフが円滑に作業を進められるよう心配りを忘れないようにすることも大切です。
たとえば、段ボールは、軽いものは大きいサイズを使い、重いものは小さいサイズに梱包すると、スタッフも運搬がしやすくなります。
さらに、新居に運び入れてもらう部屋ごとに、段ボールを分けておくことも大切です。
梱包が済んだものは適当に端に置いておく人が多いですが、業者のスタッフが円滑に作業を進められるように、新居に配置してもらう部屋ごとに荷物をまとめておくと良いでしょう。
大型家具や家電などは、無理に移動するとかえって傷がついたりするので、そのままにしておいて構いません。
もし時間があれば、表面のホコリなどを簡単に雑巾で拭いておくといいですね。
それから、当日、スタッフに、新居の間取り図を渡しておきます。
手書きの簡単なもので構いませんので、どの荷物をどこに置いてもらうかをその紙に書いておきます。
そうすることで、新居に到着した時に、いちいち施主や依頼主に確認することなく、その紙を見て荷物を運び入れてもらうことができ、作業もスムーズです。
引越しがまる1日かかってしまう場合や、半日に及んでしまう場合は、食事代を渡したり、数時間の作業でもペットボトルのお茶や軽食などを出す心配りもあるといいですね。
引っ越し代金をきちんと払っていても、そこは人間同士のやりとりですから、依頼主も引越し業者のスタッフもお互い気持ち良く作業が進められるよう気配りは忘れないようにしたいものです。