雨の日の引越しはキャンセルできますか?

引越し当日に雨が降ると憂鬱になりますよね。
大事な家具や電気製品が水に濡れたら困ります。
雨が降ったら、キャンセルしたり日程を延期したりできるのでしょうか?。
答えはNoです。
引越しは雨が降った場合でも決行が原則なのです。
ですから引越し業者から中止や延期を申し出ることはありません。
暴風雨や地震など特別な理由がないかぎり、業者側からの中止は出来ないと約款で決まっているのです。
では依頼者からの申し出ではどうでしょうか?。
もちろん依頼者から申し出ればキャンセルや日程延期は可能です。
しかしキャンセル料が発生します。
当日にキャンセルした場合は、支払額の20%のキャンセル料が発生します。
日程変更でもキャンセル扱いとなり、同様のキャンセル料が課せられます。
しかし一般的には、雨が降っても作業を行います。
引越し業者は雨の作業も数多く経験しているわけですから、雨対策も心得ています。
プロの業者にまかせて作業を進めても大きな問題はありません。
どうしても濡れてはいけない荷物に対しては、ビニールでくるんでダンボール箱にいれるなど、自分なりに対策しましょう。
新居に荷物を運んだら、すぐに開梱して中の状態を確認します。
水に濡れている荷物があれば、すぐに乾かすことが必須です。
濡れたダンボール箱はカビや臭いの元ですから、中の荷物をだして箱は捨てるようにしましょう。
雨の日の引越しは正直大変です。
絶対に濡れてはいけない家財がある場合は、キャンセル料を払ってでも延期した方がよい場合もあります。
業者と相談して日程変更など調整してもらいましょう。